車は7年乗る?9年乗る?どちらが損しないか解説!

車を買う時、「何年乗るのか?」というのは、みなさんが頭を悩ませるポイントですよね。

ネットや雑誌、書籍で調べると「長く乗ればそれだけ得!」とか「5年で買い替えるのがベスト」など、様々な情報があふれています。

結論が出ないのは、やはり人それぞれの考え方や、収支や職業、家庭の状況などの違いがあるからでしょう。

実際はどうかというと、5年~7年で買い替える人が多いです。

以前までは5年で買い替える人がほとんどでしたが、最近では7年乗って買い替えるという人も増えてきました。

さらに乗り続けて、9年以上乗り続けるという人もいますが、全体からみた数としては非常に少ないといえます。

今回は、7年乗る場合と9年乗る場合を比較して、どちらが得なのかを解説していきます。

7年乗るか、9年乗るか?

結論としては9年乗るより、7年乗って買い替える方が得といえます。

その理由は、以下から解説していきます。

7年、9年乗って買い替えた時の違いとは?

7年乗った場合

7年乗って買い替える場合、9年以上乗る場合と比べて以下のような違いがあります。

  • 車の価値が無くなる前に売却できる
  • 車検費用やメンテナンス費用が高まる前に買い替えできる
  • 7年ローンで購入することもできるため、毎月の支払額を抑えることができる

車の価値が無くなる前に売却できる

車の価値は、新車購入後7年目を過ぎると売却価格は大幅に下がります。

ディーラーの下取りだと無料引き取り(0円)になることも(!?

そのため、車の価値が大幅に下がる前に売ることができるというのは大きなメリットといえるでしょう。

言うまでもありませんが、車を高く売れれば、次の車の頭金に充てることもできますので、非常に重要です。

車検費用やメンテナンス費用が高まる前に買い替えできる

車は新車購入から5年を過ぎたあたりからタイヤ交換などのパーツ交換が必要になってきます。

5年目~7年目までだとそこまで金額は大きくなりませんが、7年目をすぎると様々なパーツが劣化しているために交換するパーツが増え、車検費用やメンテナンス費用も高額になります。

そのため、7年目の車検を受ける前に売却して買い替えをするのがベストでしょう。

7年ローンで購入することもできるため、毎月の支払額を抑えられる

車を買う時にローンを組む人は多いですが、この時に7年ローンで組むということができるようになるのもメリットといえます。

返済期間が長くなると、支払利息も増えてしまいますが、その分、毎月の返済額大きく下がるので、毎月の支払いが楽になり、車検やメンテナンス費用の積み立てもしやすくなります。

5年乗って買い替えをする人は、7年で組んでしまうとローンを残したまま買い替えることになるため、おすすめできませんが、7年乗って買い替える場合はローンの期間にも融通が利くということは覚えておいて損はありません。

特にまだ収入の少ない新入社員や、フリーターなどにおすすめできるといえるでしょう。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

>>200万の車を7年ローンで購入するのはあり?なし?

9年乗った場合

9年乗って買い替える場合、7年乗る場合と比べて以下のような違いがあります。

  • (交換部品や故障する箇所が少なければ)7年乗る場合より得になる
  • 車の価値はほぼ無くなる
  • 「またどこか壊れるかも」という不安を抱えたまま乗ることになる

(交換部品や故障する箇所が少なければ)7年乗る場合より得になる

9年乗る場合、どうしても部品の劣化はしますので交換などで車検やメンテナンス費用は高くなります。

故障でもすれば修理費は高く、例えばミッションオイル漏れで5万円などかなり痛い出費となります。

いくら信頼性のある日本車といえども、メンテナンスをしっかりしていたとしても長く乗ればそれだけ部品は消耗します。

そのため7年乗るより、9年乗ったほうが絶対に得とはいえないでしょう。

車の価値はほぼ無くなる

前述しましたが、車の価値は7年を過ぎると売却価格が大幅に下がります。

そのため、9年乗る場合には車にほぼ価値が付かないと考えておいたほうがいいです。

ほぼ価値がつかないとはいえ、廃車にすると2万~5万円ほど費用がかかってしまうので、複数の買取業者を探して1万円でもいいので買い取ってくれるところを探すという方法もあります。

「またどこか壊れるかも」という不安を抱えたまま乗ることになる

9年乗る場合、7年目の車検から部品交換増えるため費用も増加するという話はしましたが、さらにそこからもメンテナンスの度に交換部品が出てくる可能性も高いです。

毎回何万もの出費が出ると気持ちも落ち込みますし、「またどこか壊れるんじゃ?」という不安を抱えたまま乗り続けるのはストレスにもなります。

家族や友人を乗せてドライブや旅行に行くことがあるなら、「故障して事故にでもなったら?」という不安が出てくるという人も少なくありません。

まとめ

  • 7年乗って買い替えた方が、費用面や精神面からもお得
  • 車の価値が無くなる前に売る
  • 車の部品交換や修理にかかる費用が高額になる前に買い替える

上記の理由から、やはり9年乗って買い替えるより7年乗って買い替えたほうが損がないといえますね。

車を高く売る方法

7年目に売れば買取価格はそこまで落ちないという趣旨の話をしてきました。

しかし、売却も適切な方法で行わないと高く売ることはできません。

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

中古車探しは、ネットでする

自分で店舗を1つずつ回るのは、面倒くさいし時間もかかります。

時間を使わず探せる方法としておすすめなのが、中古車お探しサービスのズバット車販売というところで、希望の車の条件を入れて申し込むとプロが条件に合った車を探して連絡をくれるので、いちいち自分で探す必要がありません。

車に詳しいわけでもない限り、実際にお店で車をチェックしたところで、状態の良し悪しはよくわからないものです。

実際に私が購入した車はモノが良く、半年ほど走ったところでメンテナンスしてもらいましたが、特に問題もなかったので、良い買い物ができたと喜んでいます。

よほど車の知識に自信があるという人でもない限り、こういうサイトを利用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする