200万の車を7年ローンで購入するのはあり?なし?

200万円の車を購入するとき、ローンを組むという人は多いですよね。

ローンにする場合、期間を何年にするかは悩むところだと思います。

ローンの期間で利用者が多いのは、3年・5年でほとんどのディーラーローンや銀行のマイカーローンで利用されています。

他には7年・10年といった長期間のローンもあります。

今回はその中で7年ローンに着目し、

  • 7年で組むのはありか、なしか?
  • 実際に組んだ場合の支払い額や利息はどのくらいか
  • メリット・デメリット

などについて解説していきます。

200万の車を買うとき、ローン期間を7年に設定するのはあり?なし?

結論から言うと、ありです。

200万の車を買う時、ローン期間を7年にすることで、毎月の支払額が大きく下がるというメリットがあります。

その代わり、支払利息が増えてしまうという点は注意が必要です。

この毎月の支払額と支払利息がいくらになるかについては、後ほど解説します。

実際に7年で組んだ場合の支払い額や利息はどのくらいか

次に実際に200万円の車を7年ローンで組んだ場合の、毎月の支払額や利息はどのくらいになるか調べてみました。

比較のため、5年で組んだ場合も記載しています。

 条件

  • 車体価格:200万円
  • 金利:5%
  • 頭金なし
  • ボーナス支払いなし
  • 元利均等返済(返済額が一定)
返済期間 毎月の返済額 支払利息(総額) 総支払額
5年 37,742円 264,548円 2,264,548円
7年 28,268円 374,497円 2,374,497円

5年ローンと比較してみると、7年ローンで組んだ場合は毎月の返済額が3万を切るため、毎月の支払いの負担が減るのがメリットです。

逆に支払利息は10万円ほど増えてしまいますが、毎月の支払いを楽にするための必要経費と考えることも大切です。

利息というのは、できれば払いたくないものですが、支払利息を少なくするために無理をして返済期間を短くして、毎月の支払いが辛くなるという状況になってしまう人も少なくありません。

そうはならないよう、自身の収支状況をしっかり把握して適切なローン期間に設定するようにしましょう。

200万の車を7年ローンを組んで買うメリット・デメリット

7年ローンのメリット

  • 月々の支払額が大幅に抑えられる
  • フリーターや新入社員など、収入が少ない若者などでも購入しやすくなる。
  • 車検や税金、メンテナンス費用などの積み立てがしやすくなる

先ほどの表を見ればわかる通り、月々の支払額が大幅に抑えられるというのは大きなメリットです。

収入の少ない若者でも200万のローンまでなら7年で組むことで、無理なく支払える金額になるのは大きなメリットではないでしょうか。

また、車は当然メンテナンスに費用がかかります。

車検や税金は購入する車種によって変わりますが、安くはない金額なので計画的な積み立てが必要です。

車のローンで支払がカツカツになってしまうと、このような費用の捻出が厳しくなります。

車のメンテナンスがおろそかになることで車の寿命が縮んだり、売却時に査定金額が低くなる可能性もありますので、このようなことにならないためにも月々の支払額を抑えるという考え方は重要です。

7年ローンのデメリット

  • 支払利息が増える
  • 5年目を過ぎたあたりから、メンテナンス費用が高くなる
  • 新車購入から7年目以降は車の価値が下がりやすい

支払利息が増える点については、前述したとおりです。

これを無駄な支払いと考えるか、必要経費だと考えるかはみなさん次第ですが、必ず自身の収支を計算したうえでローン年数を決めましょう。

また、購入から5年をすぎた車は部品の交換などが発生するため、メンテナンスや車検の費用が高くなりがちです。

さらに、購入後から7年過ぎると車の価値が大きく下がります。

そのため、買い替えの際にディーラーに下取りをしてもらったとしても査定金額がかなり下がるということは覚悟しておかなければなりません。

基本的には、200万で買った車で7年経過した場合、人気車種だったとしてもディーラーの下取りだと0円~10万円ほどになることもあります。

これは、ディーラー下取りではなく中古車買取店に売ることで買取金額をアップすることはできます。

繰り上げ返済で支払利息を減らす方法もある

これまで、7年ローンは支払利息が増えるという話をしてきましたが、その支払利息を減らすために毎月の返済にプラスしていくらかずつ先払いしていく「繰り上げ返済」という方法もありますので、気になる方は、以下の記事をご覧ください。

>>車のローンを先払いする際の注意点はこちら!

まとめ

  • 7年ローンは毎月の支払額を抑えられるため、おすすめできる
  • 支払利息は増えてしまう点は理解しておく必要がある
  • 車購入後5年目以降は、メンテナンス費用などで出費がかさみがちなため注意

中古車探しは、ネットでする

自分で店舗を1つずつ回るのは、面倒くさいし時間もかかります。

時間を使わず探せる方法としておすすめなのが、中古車お探しサービスのなびくるというところで、希望の車の条件を入れて申し込むとプロが条件に合った車を探して連絡をくれるので、いちいち自分で探す必要がありません。

車に詳しいわけでもない限り、実際にお店で車をチェックしたところで、状態の良し悪しはよくわからないものです。

実際に私がなびくるで購入した車はモノが良く、半年ほど走ったところでメンテナンスしてもらいましたが、特に問題もなかったので、良い買い物ができたと喜んでいます。

よほど車の知識に自信があるという人でもない限り、こういうサイトを利用することをおすすめします。

ローンの年数も大事だが、頭金を入れることも考える

頭金を入れると借り入れ金額が減るので、当然、毎月の支払額や支払金利が減ります。

そのため、できれば無理がない程度に頭金を入れましょう

私は以前、嫁が乗っていた前の車を処分するため、近くの車屋に持っていき査定してもらっところ、20万円の金額がつきました。

こんなもんかなと思いましたが、念のためネット比較サイトで査定依頼したら32万円でした。

10万円以上の差がかなり大きいですし、査定までの流れもネットで申し込んで、電話で実際の車の査定日の予約をして査定してもらうだけなので簡単でした。

このネットの買取比較サイトの特徴は、複数の業者にまとめて依頼できることなのですが、より高く売るコツは全部の業者の査定日時を同じにすること。

そうすると、各業者が競い合って高い値段をつけるので、いちいち値段交渉する手間も省けます。

申込、出張査定ともに無料なのでまずは見積もりを取ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする