軽四をローンで買う時、みんなは頭金いくら入れる?

軽四(軽自動車)を買う時、ローンを組む人は多いですよね。

今回は、軽四をローンで買う際の頭金をいくらにするか?また金額別の毎月の支払額や利息のシミュレーション結果など含めて解説していきます。

軽四を買う時の頭金の平均は?

軽四を買う時、50万円が多いようです。

ローンを組む時は、頭金を多く入れたほうが毎月の支払額や利息は減ります。

しかし、利息が勿体ないからといって貯金をすべて頭金に回してしまうと、急な出費があったときに不安なので、このくらいの金額にする人がほとんどです。

余談ですが、ローンではなく現金一括で支払う人もいますが、ローン支払にするとディーラーの値引きやオプション、メンテナンス無料などのをサービスで付けてくれたりと得をすることもありますので、支払方法とサービス内容を営業マンと交渉するのもよいでしょう。

軽四でローンを組んだ場合の月々の支払額は?

例として200万円の軽四をローンで購入した場合を、頭金別に比較してみましょう。

シミュレーション条件

  • 借入金額:200万円
  • 支払年数:5年(60回)
  • 金利:5%
  • 返済方式:元利均等
  • ボーナス払い:なし
頭金 なし 30万 50万 100万
毎月の支払額 37,742円 32,081円 28,306円 18,871円
支払利息 264,515円 224,833円 198,378円 132,241円

頭金を50万円入れた場合、毎月の支払額も3万を切るため日々の生活を圧迫しませんし、支払利息も20万であれば、貯金を維持するための必要経費と割り切ることもできるのではないでしょうか。

もちろん、貯金が多くあれば100万円まで入れれば更に毎月の支払額も利息も減ります。

そのため、「軽四を買う人は、頭金は50万円にする人が多いからうちも50万円!」ではなく、自身の収支や貯金がいくらあるか、今から5年以内のライフイベントにどんなことがあるかなどをしっかり確認してから、金額を決めるようにしましょう。

頭金が用意できないとローンは厳しい?

そんなことはありません。

頭金を入れることができれば、たしかに支払いが楽になりますが、すべての人が貯金をしているわけではありませんよね。

フリーターや新入社員のような収入が少ない人など特に頭金をねん出するのは大変です。

地方に住んでいる人は職場まで車通勤ということも多いので、車がどうしても必要になるケースもあります。

実際は頭金なしでも、軽四の価格帯(150万~250万)ならばローンを組むことは難しくありません。

しかし、前述したシミュレーション結果にもあるように頭金なしだとどうしても毎月の支払額と利息は多くなってしまいます。

頭金なしなら、金利に注目!

金利は当然、高いほど毎月の支払額や利息は多くなります。

そのため、できるだけ金利の低いローンを組むことが重要になります。

低金利のローンを組むための方法としては、

  • ディーラーの低金利キャンペーンを利用する
  • 銀行のマイカーローンを利用する

という方法があります。

ディーラーの低金利キャンペーンを利用する

ディーラーは不定期に低金利キャンペーンを行っています。

普段だと金利は5%~8%ほどですが、低金利キャンペーン時は2%~5%(ディーラーによる)になりますので、新車購入や買い替えのタイミングとキャンペーンが合っていれば、頭金なしでもお得に軽四を買うことができるのでおすすめです。

銀行のマイカーローンを利用する

銀行のマイカーローンは、ディーラーローンと違い金利が低めで1%~3%ほどです。

例えば、200万円の軽四を先ほどの条件で頭金なしでローンを組んだ場合、支払利息は金利毎にそれぞれ

  • 金利5%  ・・・264,515円
  • 金利2.3% ・・・119,088円

と大きく変わりますので、金利はできるだけ低い方が望ましいのです。

ただし、銀行ローンとディーラーローンとでは

  • 申込手続きを自分で行う必要がある
  • 低金利の代わりに審査が厳しめ
  • 審査に1週間~10日ほどかかる場合がある

という違いがあります。

ディーラーローンと比べると手間や時間がかかりますし、審査も厳しめですが軽四くらいの価格であれば通る可能性は十分にあります。

もし審査に落ちても、信用に傷がつくことはありませんのでまずは申し込んでみて、残念ながら落ちてしまった場合にディーラーローンで契約をするという方法をおすすめします。

頭金を増やす方法

頭金を作るには、貯金から捻出するか、買い替えの場合には今乗っている車を売る方法があります。

車を売るならディーラーの下取りではなく、少しでも高く売れるように中古車買取店で査定を受けることをおすすめします。

この項目ではかかる手間と時間を抑えて車を高く売る方法を解説します。

車買取比較サイトで複数の業者に査定を依頼する

車を高く売る方法として有名なのは、複数の買取業者を回って見積もりを取って比較、交渉して一番高くつけた業者に売るという方法です。

しかし、時間と手間をかけて複数の店舗で査定を受けて毎回、プロのセールスマンと交渉するのはとても大変です。

そのため、今流行の方法である、車買取比較サイトを使う方法をとりましょう。

車検証を持ってきて、ネットの比較サイトから車の情報を入力、申し込みするだけで、複数の中古車専門業者から無料で査定を受けることができます。(出張査定も無料)

あとは各社の見積もりを見比べて、一番高く値段をつけたお店に売ればOK。

実際に私が利用したときの話

私が以前、嫁が乗っていた7年落ちの車を売ろうとしたときの話ですが、まず新車ディーラーにて下取り査定してもらったところ、0円で引き取りと言われました(やっぱり!?)

これはあんまりだと思い、近くの中古車ディーラーへ持ち込んだところ、20万円の金額がつきました。

まぁこんなもんかなと思って決めようとしましたが、念のためネットの比較サイトで査定依頼したところ・・・なんと32万円の値段がつきました!

10万円以上の差はかなり大きいですし、査定までの流れも前述したように、ネットで申し込んで、電話で実際の車の査定日の予約をして査定してもらうだけなので簡単でした。

また、更に高く売るテクニックとして、全部の業者の査定日時を同じにすることが重要です。

そうすると、各業者が競い合って高い値段をつけるので、いちいち値段交渉する手間も省けます。

申込、出張査定ともに無料なのでまずは見積もりを取ってみましょう。

中古車探しは、ネットでする

買い替え時に中古車を探すという人は少なくありません。

しかし、自分で店舗を1つずつ回って探すのは、面倒くさいし時間もかかります。

時間を使わず探せる方法としておすすめなのが、中古車お探しサービスのなびくるというところで、希望の車の条件を入れて申し込むとプロが条件に合った車を探して連絡をくれるので、いちいち自分で探す必要がありません。

車に詳しいわけでもない限り、実際にお店で車をチェックしたところで、状態の良し悪しはよくわからないものです。

実際に私がなびくるで購入した車はモノが良く、半年ほど走ったところでメンテナンスしてもらいましたが、特に問題もなかったので、良い買い物ができたと喜んでいます。

よほど車の知識に自信があるという人でもない限り、こういうサイトを利用することをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする