車を60回(5年)払いでローンを組んだ場合の金利は?

車を購入したい!買い替えたい!という時、ローンを組む人は多いと思います。

ローンを組む人の平均支払回数は36回(3年)~60回(5年)と言われています。

何回払いにするかは、購入する車の金額や自身の収入で変わりますが、60回払いにして月の支払い額を抑えることで、月の支払いの負担やストレスを減らすというのは良い選択だと思います。

また、なるべく繰り上げ返済無料のところで契約をして、余裕がある月は追加でいくらかずつ返済するか、途中で一括返済してしまうと返済が早まって支払金利も減るのでこの方法を取るかたも多いです。

では60回払いにする場合に、どんなことに注意してローンを組めばいいでしょうか。

この記事では、ローンを組む場合の注意点や、金利について解説していますので、お役に立てば幸いです。

ローンを組む場合の注意点

金利の低いところで契約する

60回払いだと、どうしても支払金利が多くなるので、できる限り低金利の銀行と契約するようにしましょう。

金利の差が総支払額にどの程度影響するかは、次項で表にまとめてありますので確認してみてください。

ディーラーローンの平均金利は5%~8%。銀行ローンは2%~5%なので、よほどのことがない限り銀行の方が金利が低いため、銀行のローンを探したほうがいいです。

繰り上げ返済可能かどうか確認する

ひとえに繰り上げ返済といっても、

一部返済・・・毎月の支払いに加え、追加でいくらかを支払う
全額返済・・・その時点での残債を全て支払う

と2種類があり、銀行によっては「全額のみ可能で一部返済は不可」などという場合もありますので注意が必要です。

また、繰り上げ返済の手数料が無料であるかどうかも確認しましょう。

せっかく繰り上げ返済して支払金利を減らしていっても、その度に手数料を払っていたら意味がないですからね。

ディーラーローンは、一部返済・全額返済ともに不可に設定してある信販会社もあります。金利で儲けたいのでこういうズルい(?)ことをするんですね・・・^^;

金利の差で総支払額はここまで違う!?

では実際に、金利の差が総支払額にどう影響するのかを見てみましょう。

今回は、ディーラーローン(金利7%)、銀行ローン(金利3%)として

中古車探すなら、なびくるの中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのなびくる+で今すぐ車を探す!
  • 返済方式:元利均等
  • ボーナス支払い:なし

という条件でシミュレーションしています。

100万円の車を60回払い(5年ローン)で買う場合

ディーラーローン 銀行ローン
金利 7% 3%
毎月の支払額 19,801円 17,968円
支払総額 1,188,036円 1,078,090円
支払金利 188,036円 78,090円
支払金利の差:109,946

200万円の車を60回払い(5年ローン)で買う場合

ディーラーローン 銀行ローン
金利 7% 3%
毎月の支払額 39,602円 35,937円
支払総額 2,376,109円 2,156,212円
支払金利 376,109円 156,212円
支払金利の差:219,897円

300万円の車を60回払い(5年ローン)で買う場合

ディーラーローン 銀行ローン
金利 7% 3%
毎月の支払額 59,403円 53,906円
支払総額 3,564,189円 3,234,333円
支払金利 564,189円 234,333円
支払金利の差:329,856円

これまでの表を見て、金利の差が支払金利に大きく影響することがわかって頂けると思います。

60回払いにして毎月の支払いの負担を減らすことも大事ですが、だからといって何十万も無駄な金利を払うのはイヤですよね。

なので、重ねて言いますが、60回払い(5年)という長期間でローンを組むのであれば、ディーラーローンではなく、銀行のローンを利用することをおすすめします。

低金利の銀行ローンの探し方

比較サイトを利用する

銀行は全国にメガバンク・地銀・ネットバンクなど様々ありますから、その中から1店舗ずつ金利を調べていくのは大変ですよね。

そういう時に便利な金利比較サイトが、イーローンです。

上の画像のように、全国の銀行の借入金額・期間金利が一目でわかるうえ、金利の低い順で並べ替えることもできるので、非常に便利です。

イーローンのホームページはこちら

比較サイトを利用する際の注意点

上の画像の表を見て頂ければわかりますが、金利の表記が「1.500%~3.775%」のように、幅を持たせて書いてありますよね。

車を高く売るなら、”ズバット車買取比較”で手間も時間もかけず複数の買取専門業者に見積もりが取れます。ディーラーの下取りに比べて10万円~40万円以上も買取額が上がったという例も! >>ズバット車買取比較で今すぐ見積り!

なぜかというと、その時に行われているキャンペーンや借入金額によって適用金利が変わるからです。

ですから、サイト上の金利だけで判断するのではなく、必ずその銀行のホームページを見て、現在行われているキャンペーン内容や、金利を確認するようにしましょう。

また、審査内容によっても金利は変動しますので、条件全てに該当しているからといって必ず最低金利で契約できるわけではないことは理解しておく必要があります。

低金利の銀行ローンが見つかったら・・・

金利の低い銀行ローンが見つかったら、安くて良い車を探しましょう。

当然ですが、程度の良い車が安く手に入れば、借り入れ金額、月々の支払額も減りますのでさらに家計が楽になります。

しかし、自分で中古車ディーラーを何店舗も回って探すのは労力も時間もかかってしまい、とても大変です。

そのため、今中古車探しで主流になろうとしているのが、ネットの中古車検索サイトです。

ネットの中古車検索サイトなら、欲しい車の条件を登録するだけで、業者が希望に合う車を探してくれるので、時間も手間もかかりません。

希望の車を探してもらうのに費用はかかりませんので、まずはこちらで車を探してみることをおすすめします。

↓中古車検索のなびくる(画像クリックでサイトに飛びます)

頭金を入れよう

借り入れ金額を減らすため、良い車を安く購入することも大事ですが、さらに頭金を入れて減らすという方法もあります。

現在の貯蓄に余裕があるのであれば、少しでもいいので頭金にすると支払金利も減るため更に家計への負担が減りますよ。

頭金を増やす方法

頭金を今以上に増やすなら、今乗っている車を高く売るのがベストです。

車を買い替える人のほとんどが、面倒だからとディーラーに下取りに出してしまいますが、それでは大きな損をしていまいますので、買取業者に売却することをおすすめします。

なぜなら、ディーラーに下取りに出した場合と、買取業者に売却した場合では、10万円~40万円以上も買取価格に差が出ることもあるからです。

一括査定サイトなら、まとめて複数の業者に無料見積もりを依頼できるうえ、概算価格までわかるので、下記のサイトで一度無料見積もりをしてみることをおすすめします。

↓ズバット車買取比較はこちら(画像クリックでサイトに飛びます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする