新入社員でも車をローンで買える!損しないローンの組み方とは。

新入社員だけど、車が欲しい!

でも貯金もないし、かといって新入社員ではローンは組めないから諦めようか。

そう考える人も少なくありません。

しかし、新入社員でもローンは組めますので安心してください。

ただ、ディーラーの言われるがまま車を選んだり、ローンを組んでしまうと損をしてしまいます。

そのため今回は、新入社員が車をローンで買う場合に、損をしないローンの組み方を解説していきます。

損をしないローンの組み方とは!

ローンを組む場合に重要なのは、新車、中古車のどちらを買う場合でもディーラーのローンを使わず、銀行のマイカーローンを利用することです。

ディーラーローンは新車・中古車ともに金利が高く、新車だと5%〜8%、中古車だと10%になることもあります。

新入社員だと勤続年数が短いですし、年収も少ないので一般的な金利と比べるとどうしても金利は高めになってしまいます。

一方、銀行のマイカーローンだと、金利は1%〜5%以下とディーラーに比べると低い金利で借り入れすることができます。

その代わり、審査が厳しかったり申し込みから書類の準備まですべて自身で行わなければなりません。

ただ、審査が厳しいとはいっても、今では新入社員でも借入金額が高すぎなければ通ります。

なるべく審査を通りやすくするために、できれば借入金額は100万円以下にすることをおすすめします。

金利の低いマイカーローンの探し方とは?

金利の低いマイカーローンを探すなら、ネットの比較サイトを利用しましょう。

イーローンというサイトなら、下記画像のように全国のマイカーローンの金利や借入期間などを一括で比較できるので便利です。

これまでは銀行のマイカーローンで借り入れする場合、自宅近くの銀行に相談するのが普通でしたが、今ではネットを経由して全国の銀行に申し込みができます()ので、低金利の銀行を探してみましょう。

)全国対応可能な銀行のみ

自分で1つ1つ銀行のホームページを探すのは大変ですからね。

>>マイカーローン比較サイト「イーローン」はこちらから

車を買うなら100万円以内の中古車にしよう

理由としては、前述したように銀行のマイカーローンで借り入れしやすくするため、さらには借入金額を少なくすることで毎月の支払い額を抑えるためでもあります。

車はローンの支払いのほかに、ガソリン代や保険料、駐車場代など様々な維持費がかかります。

そのため、新入社員のうちは無理せず毎月支払っていけるように安めの中古車がおすすめです。

維持費についてですが、特に若いうちは保険料が高くなりがちで、車両保険もつけると更に高くなります。

車両保険は、新車で買うと付けないわけにはいきませんが、安めの中古車を買えば車両保険なしにすることで保険料を抑えることができます。

また保険会社選びの際は、ネット保険だと保険料が安めなので見積もりを取って比較してみましょう。

なお、新車で買いたいと考える人も少なくないと思いますが、200万円以上の車でもローンを組むことはディーラーローンを利用すれば十分可能です。

しかし、毎月の支払いや利息が高くなるため、購入前に収支をしっかり計算して、問題なく支払っていけるのかを確認することが大切です。

無理して支払いができなくなって、延滞してしまうとブラックリストに載ってクレジットカードが作れなくなったり色々不便になりますので、気を付けてください。

中古車探しは、ネットでする

前述したように、新入社員で車を買うなら中古車がおすすめです。

しかし、自分で店舗を1つずつ回って探すのは、手間も時間もかかります。

時間を使わず探せる方法としておすすめなのが、中古車お探しサービスのなびくるというところで、希望の車の条件を入れて申し込むとプロが条件に合った車を探して連絡をくれるので、いちいち自分で探す必要がありません。

車に詳しいわけでもない限り、実際にお店で車をチェックしたところで、状態の良し悪しはよくわからないものです。

実際に私がなびくるで購入した車はモノが良く、半年ほど走ったところでメンテナンスしてもらいましたが、特に問題もなかったので、良い買い物ができたと喜んでいます。

よほど車の知識に自信があるという人でもない限り、こういうサイトを利用することをおすすめします。

車買取比較サイトで複数の業者に査定を依頼する

車を高く売る方法として有名なのは、複数の買取業者を回って見積もりを取って比較、交渉して一番高くつけた業者に売るというものです。

しかし、時間と手間をかけて複数の店舗で査定を受けて毎回、プロのセールスマンと交渉するのはとても大変です。

そのため、今流行の方法である、車買取比較サイトを使う方法をとりましょう。

車検証を持ってきて、ネットの比較サイトから車の情報を入力、申し込みするだけで、複数の中古車専門業者から無料で査定を受けることができます。(出張査定も無料)

あとは各社の見積もりを見比べて、一番高く値段をつけたお店に売ればOK。

実際に私が利用したときの話

私が以前、嫁が乗っていた7年落ちの車を売ろうとしたときの話ですが、まず新車ディーラーにて下取り査定してもらったところ、0円で引き取りと言われました(やっぱり!?)

これはあんまりだと思い、近くの中古車ディーラーへ持ち込んだところ、20万円の金額がつきました。

まぁこんなもんかなと思って決めようとしましたが、念のためネットの比較サイトで査定依頼したところ・・・なんと32万円の値段がつきました!

10万円以上の差はかなり大きいですし、査定までの流れも前述したように、ネットで申し込んで、電話で実際の車の査定日の予約をして査定してもらうだけなので簡単でした。

また、更に高く売るテクニックとして、全部の業者の査定日時を同じにすることが重要です。

そうすると、各業者が競い合って高い値段をつけるので、いちいち値段交渉する手間も省けます。

申込、出張査定ともに無料なのでまずは見積もりを取ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする